スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、記事書くのが随分遅くなりましたが、前にぶっ壊して新しく買ったTDA7057でアンプを
作りました。やっとマジメなアンプが出来て嬉しいです^^
早速作ってみたんですが、ノイズが酷い;;
分からなくて2chの大先生に情報を貰い、実践してみました。

~情報とは~
このICにはDCボリュームなるゲインコントロール端子があり
最初は調整方法分からなくてオープンにしていたが、
それだとDCボリューム端子のインピーダンスが高くノイズで酷いだろうと言う事

ためしに、「3Vをレギュレータで入れたらとても良くなった」と言うのがでたので
電池で入れて見ました・・・結果、あまり変わらなかった・・・
次に、1.5Vを10kΩ可変で調節してみたんですが、ゲイン調節がとてもしにくい;;

まあ、ホワイトノイズがスピーカ30cmでやっと聞こえると言う位だから、我慢してました。

ある日、「じゃあ、可変じゃなくて固定でやってみよう」と思い、机に転がってた
100kΩで落としてみました。
・・・結果・・・これはいい!!!!!
ちょうど良いゲインでノイズも少ない、枕元にはピッタリです。
大きい音出したいときもある(迷惑にならない程度ね;;)
と言う事で、ICソケットで脱着可能にしました。

大きい音で聞く&自分は遠くにいる可能性が高い  からノイズは無視されるだろうと。

で、最終的に基板に組んで、今は快適に使ってます。
今はケース加工中で、(穴あけに苦戦;;)ケースが出来たら入れようと思います

TDA7057

~音質~
とってもいい音です。特に普段の使用では全然問題ないと思います。
ここぞとばかりに使った音響用10000μFの平滑コンデンサも効いてると思います。

平滑

とまあ、TDA7057アンプ製作記でした。 見てくれた皆様、これからも見ていただけると嬉しいです。

PC
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

PICkit2

正月、やっとPICkit2を買いました。
RCDライタとか作ったけど、家のPCはシリアルポート無いからUSB-シリアル変換機使うと
電流不足で使い物にならない・・・かと言ってICD2なんか3万だって・・・・・

とても買えないお値段だったので、対応機種多くて他のより安い
PICkit2のデバッグエクスプレスを秋月で買いました。それでも5900円しました。
学生のお財布は寒いのです。(買って1週間後には5000円になってた・・・ほらね・・・また・・・・)

PICを始めるのに、書き込み器が無かったら話にならないからね。ま、いいかw
と言う事で、最近は活躍してますが、とても使いやすい!便利!
今思ってみれば、5900円は安いと思います。(価値的にねw)



最近PICkit3が発売されました。良いなぁ~ でも若松で10000円だって。
(てか若松しか売ってる所を知らない。あとマイクロチップダイレクト・・・送料1600円は無いでしょw)
ちょっと手が出ないな~  6500円位になってくれれば考えるのになぁ~

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

らーめんタイマ製作

BASIC、登場ですw
僕はラーメンが大好きで、週4で食ってます。
そのつどタイマを設定するのも面倒くさかったので、ラーメンタイマを作ってみました。

とりあえず「3分経ったらお知らせ」ってだけの簡単プログラムにしました。
LEDを4個つけて、カウント中はナイトライダー的な感じにしました。
「1分経つとブザー1回」「2分経つとブザー2回」「2分半経つと3ブザー回」と
いい感じに鳴らしてみました。
2分半 と言うのは、ちょっと硬めで食べたいときですw

でも初心者の僕は、「□を△回繰り返す」って感じのプログラムが分からなかったので
ナイトライダー1秒分を180回繰り返したので、容量が無駄に膨れましたw

TMR0は面倒いし分からないので、カウントはDelayを使いました。こっちの方が圧倒的に簡単です。
出来るだけ部品を少なくするため、内臓クロック4MHzを使ってます。


肝心のPICは12F675を使いました。8ピンのくせに機能が良いので、お気に入りです。
1番ののお気に入りは16F648Aです。安いし機能が良いです。

回路の方は、至ってシンプル。主役部品は圧電ブザーとLED位。
この回路図は12F675を買う前だったので、16F648Aになってるけど、どちらでも使えます。


部品は基板にさえ組んで無いので、完成したら写真載せます。


     らーめんタイマ 12F675版 ソースファイル

らー

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

BASICへの道程

やっと、マイコンまで辿りつきました。
なんだか、プログラミングと言うと難しそうな感じがしますが、難しいですw

半年前ほど、16F648Aで初めてのLED点灯プログラム書いたけど、それが精一杯;;
まずアセンブリ言語じゃ無理でした。理解不能です。
訳が分かりません。かと言って、C言語は、HI-TECHやCCSとかは有料だし
HI-TECHは無料版出してるけど、何か難しそうな感じでした。

で、あとは・・・BASICがありました。簡単だと聞いていたので、決めました。

これしかないと思い、ソフトを探していると、PIC-BASICなるものがありました。
でも、とてもじゃなく学生が払えるお値段では無かったので、やめました(当たり前だろw)

ありました。mikroBASIC。これはフリーがあるし、これに決定しました。
使ってみて、とても便利です。どうせ僕は初心者なんだから、
長いプログラムなんかは書かないし、普段使う分には制限は全然気になりません。
と言う事で、当分のプログラムはBASICで書くことにしました。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

ChuMoyアンプ製作

最近、アンプ作りが楽しくて仕方ないっす!
で、今回作ったのは、ChuMoyアンプです。まあ、定番ですかなw

今回のICは、ず~~っと前、マルツパーツ館に行った時に、「何かに使えるだろう」的な感じで買って
今日まで1回も使ってない、NJM4565にしました。

増幅率6倍にしました。ちょっと電源ラインが怪しいですが、パーツが無かったので断念;;

結果=結構良く出来ました。普通に聞く分にはノイズはほぼZEROです。
ただ、ボリューム最大にするとノイズが少し来ます。
低音が増して、いい感じです!

まだイヤホンジャックとかケースを買って無いので、組んでいません。
ちゃんと組めばノイズは少なくなるかな?

カップリングコンの容量が高いのは、HPFのカットオフ周波数が高くなるのを防ぐためです。


回路図
ChuMoyアンプ

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

PAM8403アンプ製作~試行錯誤の末~

このまえ、共立電子で部品を幾つか買ったんですが
外付け部品が少なくて簡単なD級アンプと言う事で、PAM8403を買ったんです。
家に部品が届いて、早速作ってみたんですが、鳴らない!ちゃんとデータシートも見て作ったのに・・・
(それに、1.27ピッチの半田は初めてだったから、かなり苦労したのに・・・)

鳴らないまま1週間が経ち、殆ど放置してたんですが、流石にアンプが無い状況はキツイと思い(※1)
最後の力?でググッてみました。で、原因が分かったんです。

まず、PAM8403は、[VDD]と[PVDD]の2つの電源供給ピンがあります。
データシートには、供給電圧が5.5Vって書いてあるけど
これは、VDDとPVDDに2.75Vづつって事だったんです!聞いてびっくり!
(データシートにも書いてあったんだろうけど、英語力ZEROの僕には解読不能)

早速試してみたら、鳴りました!でも音量少し上げると音割れひどい・・・
挙句の果てにはクリップまで・・・電圧範囲が非常にせまい。

今は何とか、電圧調整してしながら使えるようにして
仮に組んで、TDA7057アンプが出来る間での繋ぎとして使ってます。
TDA7057アンプも記事にします。

追記
共立電子で注文した次の日、サイトリニューアルで5000円以上お買い上げで送料無料・・・
6300円買いましたよ~~>< 
ホントに運が悪いな・・・・こういうの何回目だ・・・いや、何十回目だ・・・

(※1)部品を注文したから、今まで使ってたNJM386BDアンプはバラしてしまったんです。
    出力が1Wと貧弱ながらも、半年あまり活躍してくれました。

回路図
NJM386BDアンプ




テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
プロフィール
名前:どじょりん
年齢:18歳
埼玉県所沢市在住
2014/4から新社会人
常に金欠

どじょりん

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。