スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インバーテッド・ダーリントンを試してみる

どうもです。

最近は学校が超絶忙しくて、家に帰るとすぐに寝てしまって、なかなか自分の時間が取れません・・・

そんな中でも、空いた時間ではブレッドボードを舞台に電子工作を繰り広げています。

時間が限られている時などは、半田が要らない手軽なブレッドボードは本当に重宝します。


今回は、前に試作したヘッドフォンアンプの改良的な感じです。

前のヘッドフォンアンプの回路は、どうにも味気無いと言うか、なんと言うか・・・

と言う事で、出力電力の向上を狙ってダーリントン接続を試してみようと。

確かに、ヘッドフォンをドライブするのにそこまでパワーは要りませんが、実験と言う事で☆ミ

まず回路。電源は9V電池1つ。

インバーテッドダーリントンVer

今回の回路の大きな変更点、ダーリントン接続部分に注目していただきたい。

普通、ダーリントン接続と言えば、NPNかPNPで揃えるのですが、この回路では互い違いになってます。

これは「インバーテッド・ダーリントン」と言われる接続方法です。

普通のダーリントン接続だと、Vbe間電圧は、トランジスタの個数分増えていきます。

しかし、インバーテッド・ダーリントンは、Vbe間電圧がトランジスタ1個分の電圧で済むのです。

あと、全体的な素子は、最初のトランジスタの素子に依存します。


とりあえず、ブレッドボードにちょいちょいっと組んで鳴らしてみました。

音の方は、結構良かったです。もう少し改良して、実用化も検討しています。


近くにスピーカーが鳴らして欲しそうに転がっていたので、ヘッドフォンを外してスピーカーを着けてみたら・・・

結構な音量で鳴ったんですよこれが。

完全に2SC1815・2SA1015をなめてましたwww

ごめんねwwやれば出来る子だったのねww

さすがに、触ったら温かかったですが。

こんな感じで、一応実験は成功に終わったわけですが、更なる改良の余地はあると思います。


終着点は無い、改良を重ねていくのみ!(キリッ
スポンサーサイト

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール
名前:どじょりん
年齢:18歳
埼玉県所沢市在住
2014/4から新社会人
常に金欠

どじょりん

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。